通常イヤモールドから特殊イヤモールドまでイヤモールドのスペシャリストにお任せください

素材と加工、形状選択の目安

  • HOME »
  • 素材と加工、形状選択の目安

イヤモールドの基本の形状

*1黒い部分がカットされます
*2—の部分が出来上がりのイヤモールドです

フルスタンダード
しっかりと引っかかり落ちにくい。動きが激しくても落ないため子供向き。
出し入れしづらいため老人には不向き。 高度~重度向け
スタンダード
フルスタンダードより少しだけ入れやすい。子供~大人向け、高度~重度向け
セミカナル
カナルでは落ちてしまう人向け。子供~大人までどの年代でも問題なく装着可能。軽度~重度ま で
大きめカナル
カナルでは落ちてしまう人向け。引っ掛かり部分が少ないため、動きの激しい子供には不向き。大人向け。
中度~重度まで
カナル
最も一般的なイヤモールド。 出し入れがしやすく、抜けにくい。
通常は軽度~中度向け
ミニカナル
CICタイプのイヤモールド。
耳の奥に入るため、顎の動きに関係なく使用することが可能。
通常は軽度~中度向け

難聴の程度と形状選択の目安

イヤモールドを選択する際の目安になります。わからないことがありましたらお問い合わせください

イヤモールドの形状 軽度 中等度 高度
BOX
シェル
ハーフシェル
カナル
スケルトン
オープン

素材

  • ハード:固めの素材・変色が少なく扱いやすい
  • ソフト:柔らかく、装用感に優れている
  • シリコン:柔らかく弾力がある

*各素材はアレルギーに対応した加工が可能です

ベント・ボア加工

ベントやボア加工により、補聴器の音をより効果的に伝えることが可能です。お客様に合わせたベント径やボア加工について不明な際は ご提案をさせていただきますのでご相談ください。

お問い合わせはこちらから TEL 042-530-3621 9:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社日本イヤモールド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.